わきがは自分で気をつけるのがエチケットです。

夏は特にそうですが、一年を通してわきがの人がたまにいます。人の体内から発せられる臭い、口臭や足の臭い、汗臭さ、そしてわきがはなかなか指摘しにくいものです。これは生活習慣病のようなもので、その人の食事や嗜好品等が大きく影響するようです。特に塩分の多い食事や刺激物が好みの人に多いと聞いたことがあります。また運動不足の人で常日頃から発汗量の少ない人にもわきがの人は多いと聞きます。かと言って、入浴やシャワーの際にあまりにもゴシゴシと脇の下を擦るのも逆効果だそうです。私の場合は通信販売で売っている石鹸を使用しています。これがなかなかの効果で、以前でしたら脱いだシャツが臭ったりしたこともあったのですが、今ではすっかりそれもなくなりました。普通の石鹸と比較すればかなり値が張る製品ではありますが、周りに迷惑をかけずに済むというのはとても気が楽なものです。この石鹸、私は手放せません。

わきがで悩んでいました。

私は、過去にわきがで悩んでいたことがありました。わきがになった本人は、とても悩んだりするものです。自分で気づかないことが多くて、指摘されないとわからない人もたくさんいると思います。私の場合は、自分で気づいたのでできるだけ脇のケアをして匂いに気をつけていました。そのおかげで、匂いはあまりすることなく過ごすことができました。しかし、ずっと悩んでいてコンプレックスだったので悩みをなくしたいと思いました。インターネットで色々調べてみると、手術をすると治ると知りました。私は、手術をしてもらうことに決めました。手術をしてから、わきがは簡単に治りました。あんなにずっと悩んでいたコンプレックスを簡単に解消することができて嬉しかったです。脇の匂いで悩んでいる人には、とてもおすすめです。脇の匂いを治った今でもケアをして、気をつけるようにしています。

冬のわきがは夏のものよりよくにおう

わきがとは多くの人が知っているように、脇の周辺から強いにおいが出る状態のことを言います。運動などをした後に汗をかくことが主な原因になるのですが、実はよく汗をかく夏より冬のほうが起こりやすいと言われているそうです。その理由は、衣服によって汗のにおいがこもること、肌が乾燥することが挙げられています。前者の場合、冬は一般的に厚着をすることが多く、また汗が出ていきにくいので、汗のにおいが衣服の中にたまるようになります。その結果、わきがが発生するのだそうです。次に、後者の場合については、肌が乾燥している状態のほうが発生しやすいのだそうです。その理由は肌が乾燥していると汗を吸い取ろうとする現象が起こるからだそうです。これを防ぐためには風邪を良く通す衣服を着たり、適度な保湿を行なったりすることが重要です。

わきがの治療費は、3割負担で片側約18000円です。手術前検査は約3000円です。 小中学生は、負担金なしで治療が受けられる場合があります。 健康保険を使ってわきがを約17700円(片側)で確実に治療、自費診療はしませんので悩みを解決する機会です。汗のニオイとワキガのニオイは異なります。 治療方法はお客様の状態にあわせて多数ご用意しております。 わきがや多汗症の治療ならこちら